【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

八代市に支援物資−日向市

本紙掲載日:2020-07-11
3面
十屋市長や職員らに見送られ出発する八代市災害支援物資搬送車(11日午前、日向市役所)

希望の飲料水を送る

 日向市は11日朝、豪雨で甚大な被害に遭った熊本県八代市に対し、災害支援物資として飲料水(2リットル入りペットボトル)1200本(200ケース)を送った。

 ともに重要港湾を持つ港湾都市であり、八代市の中村博生市長が日本港湾協会九州地区連合会の会長を、十屋市長が副会長を務めている縁があり、飲料水は八代市からの要請によるものという。

 市役所西玄関前で出発式があり、担当課の職員ら約20人が出席。十屋幸平市長は、「多くの尊い命が失われ、心からの哀悼の意を表すとともに、被災された方々へ衷心からのお見舞いを申し上げたい。被災された皆さんの役に立ててもらいたい。土砂災害、運転に注意し、安全に災害支援物資を届けてほしい」とあいさつ。

 支援物資は、市防災推進課の佐藤善彦課長補佐(51)と黒木恵太郎主事(28)、塩月諒太技術員(26)の3人が搬送を担当。市が所有する2トントラックを運転し、八代市の物資搬送拠点に届ける。

 代表して佐藤補佐は、「避難者の方の疲労もピーク。復旧対策の職員の方も疲れているのでは。飲料水を届けることによって、少しでも元気を出してほしい。向こうで新たなニーズをお聞きし、いざ日向でこういったことが起こった場合に、われわれが何をしなければならないかを学んできたい」と決意も新たに遂行を誓った。

 最後に、飲料水3ケースが十屋市長から佐藤補佐らに渡され、最終荷積みが完了、荷台後部扉が施錠された後、搬送車両は関係者に見送られながら八代市へと向かった。

 11日午後には八代市に到着の予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top