【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向、県北対決制す

本紙掲載日:2020-07-13
9面

県高校野球大会2020

◆星雲10年連続の初戦突破−延岡、日向工は敗れる

 県高校特別スポーツ大会・県高校野球大会2020は11、12日、宮崎市のひむかサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで1回戦12試合があった。日向が高千穂との県北対決を6―4で逆転勝ち。延岡は宮崎南に2―3で逆転サヨナラ負けを喫した。日向工は福島に3―9で敗れ、延岡星雲は鵬翔を4―2で下した。

◆初戦突破連続記録次点は第一

 延岡星雲は2011年の第93回大会以来、10年連続での初戦突破。県高校野球史第4巻(県高校野球連盟発行)などによると、県内の高校で最長となる。

 夕刊デイリー新聞社の調べでは現時点で延岡星雲に続くのが、宮崎第一(第95回=2013年)と宮崎日大(第96回=14年)。宮崎第一は12日に1回戦を勝ち8年連続に。宮崎日大は2回戦から登場する。


◇11日
【サンマリンスタジアム】
▽1回戦・第2試合
日 向  000001302−6
高千穂  010010011−4
(日)深田、畑中―河野(高)岩本、松本―戸睇
▽三塁打=戸睇◆聞癲泡ζ麥歛如疇眩辧米)多賀、藤坂、岩本(高)
[評]日向は2投手が粘投し、後半に単打を集中し逆転。六回に新田の中前打で迫ると、七回は5単打、内倉のスクイズなどで3点。九回は新田の中前2点打で駄目押し。高千穂は戸睇◆藤坂の長打で2点を先制。終盤にも1点ずつを返したが、序盤の逸機が響いた。両校の好守も光った。


【アイビースタジアム】
▽同・第3試合
延 岡  010100000 −2
宮崎南  000000003×−3
(延)藤並、甲斐雅―甲斐峻(宮)年見―山口、野
▽二塁=打関(宮)
[評]延岡は先発の藤並が八回まで3安打の快投。打線は二回に甲斐省の中前打で先制すると、四回は押方、甲斐省の連打などで無死満塁。相手暴投で追加点を奪ったが、以降の好機を逃したのが終盤に響いた。九回は3安打と、連続押し出し四球でサヨナラを許した。


◇12日
【アイビースタジアム】
▽1回戦・第1試合
日向工  012000000−3
福 島  70010001×−9
(日)石田―森(福)瀬尾、荒山、牧野―外薗
▽本塁打=岡本(日)▽三塁打=瀬尾(福)▽二塁打=米良(日)浅野、外薗(福)
[評]日向工は初回に大量失点したが、二回2死から米良が左中間二塁打。児玉の右前打で1点を返すと、三回は岡本が左翼席へ2点本塁打。先発の石田は立ち直り二回以降は2失点。151球を投げきった。打線も相手と同数の9安打を放ち、最後まで粘り強く戦った。

▽同・第2試合
延岡星雲 200002000−4
鵬 翔  010000001−2
(延)島田―岩田(鵬)高野―松田
▽三塁打=黒田(延)▽二塁打=綾、黒木(延)
[評]延岡星雲は初回、1死一塁から黒田の右中間三塁打と島田の右犠飛で2点を先制。六回は1死から岩田が右前打。綾の左越え二塁打、森の右前打で追加した。先発の島田は途中、雨による1時間26分の中断にも気持ち途切れず、被安打5で完投した。


その他の記事/過去の記事
page-top