【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎地域資源ブランド飯

本紙掲載日:2020-08-07
7面
「エコパ飯」最優秀賞のメニュー
「ジアス飯」最優秀賞のメニュー

見た目に楽しい料理いっぱい

◆受賞作品決まる、HPで紹介

 県が募集した「宮崎地域資源ブランド飯」の受賞作品が決まり、同ブランドのホームページで紹介されている。

 ブランド飯は、ユネスコなどの国際機関や国の省庁などが登録・認定した本県の地域資源ブランドの魅力発信、県産食材の応援消費と地産地消を推進しようと企画。新型コロナウイルス感染防止で過ごす時間の増えた自宅でできる取り組みとして、「ハッシュタグキャンペーン」と題し、スマートフォン用写真共有アプリを使った投稿で、メニューを受け付けた。

 県内5エリアある地域資源ブランドをイメージした4部門で作品を募集したところ、748点の投稿があり、7月の審査で最優秀賞10点と優秀賞40点が決定。誰でも自由に応募でき、受賞者名や所在地は非公表とした。

 県北関連の地域資源ブランドのうち、祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク(延岡市、高千穂町、日之影町)と綾ユネスコエコパークの「エコパ飯」部門では、大崩山に見立てたチキン南蛮を背景に、夏ミカンをカットして、〃パックン岩〃の愛称で親しまれている巨石を表現したメニューと、地元産野菜をふんだんに使って花束に見立てたサラダが最優秀賞に選ばれた。

 同じく、世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域(高千穂町、日之影町、五ケ瀬町、諸塚村、椎葉村)をテーマにした「ジアス飯」の最優秀賞は、大根で神楽の舞い手、ソラマメで棚田、ブロッコリーでモザイク林を描いたサラダと、キムチや牛肉、いり卵、サケフレークなどで棚田を描いた弁当が受賞した。

 この他、日本遺産南国宮崎の古墳風景がテーマの「古墳飯」、霧島ジオパークの「ジオ飯」でも最優秀賞各3作品が選ばれた。料理研究家による参考レシピと共に、ホームページ(http://miyazakicountryside.com/)上で公開している。

その他の記事/過去の記事
page-top