【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

急拡大の瀬戸際−新型コロナ

本紙掲載日:2021-01-04
1面

知事、危機感あらわ

◆感染拡大防止強化月間に指定

 年末年始の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、河野知事は12月31日と2日、緊急会見を開いた。河野知事は2日、「感染急拡大の瀬戸際」と危機感をあらわにし、12月に続いて今月も感染拡大防止強化月間に指定した。(3面に新型コロナ関連記事)

 12月31日には、感染者が急増する都城市を1月4日から感染警戒(オレンジ)区域に指定すると発表。知事は「年末年始に向け、沈静化を図りたかったが厳しい状況と認識すべき。都城市では感染経路を追えていないものが増えている」と説明した。

 都城市は12月30日までの直近1週間の10万人当たりの新規感染者数が20・3人。国の指針の目安15人を超えた。オレンジ区域は同2日の宮崎市に続いての指定。都城市と宮崎市は、イベントにおける会食等の制限やGoToイートでの人数制限、高齢者・障害者施設の面会制限(緊急やむを得ない場合除く)を要請する。期間は11日まで。その後は状況を見て判断する。

 また、これまで接触者として検査を依頼した人が、協力しなかったという例が複数あることも公表。知事は「PCR検査は感染を封じ込め、拡大させないためのもので、協力いただけないことは遺憾。症状がなく、誹謗(ひぼう)中傷などを心配されるのかもしれないが、無症状でも万が一、高齢者に感染させてしまうと、命にも関わりかねない。ご自身の健康のため、周りの人のためにも応じていただきたい」と訴えた。

 2日には2件のクラスター発生も受けて、再び知事が緊急会見した。

 新規感染者数や病床の逼迫(ひっぱく)具合などの国の指標で、第2波の最大値、ステージ3(感染急増段階)に迫りつつあると強調。感染拡大が続く場合、都城・北諸県圏域で原則外出自粛などを求める赤圏域化、県下全域への「感染拡大緊急警報」の発出も視野に入れると示した。

 年頭に向け、々睥霄圓箚霑端栖気ある人、その関係者は細心の注意を⊃掲のあいさつまわりなどは、マスク着用・短時間・ソーシャルディスタンスで8外との接触に端を発した感染例が出ていることに注意を─と呼び掛けた。

 3日は、渡辺善敬県福祉保健部長が2日連続で過去最多30人の感染を発表し、「経験したことがない感染状況に入った。極めて重く受け止めている」。また、3日発表の新規感染者30人のうち、9人が医療機関を受診し感染が判明。この数字も過去最多だったという。

 その中で、年末年始の県外在住の感染者のほとんどが帰省によるものと示し、「それぞれに事情があり帰省自体を非難するものではないが、発熱などの症状がある方、特に帰省者や県外の人と接した方は速やかに受診を」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top