【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
取り組み推進へ−ディレクター設置
本紙掲載日:2017-06-13
3面

東九州バスク化推進協が総会


◆7月から本わさび使用メニュー

 東九州バスク化構想延岡推進協議会(会長・首藤正治延岡市長、10団体)の総会が8日、延岡市役所講堂で開かれた。同会の役員や委員を務める市や延岡商工会議所、延岡観光協会など構成団体の代表らが出席。今年度の事業計画などの議案を承認したほか、取り組みをより推進するため、会内にクリエーティブディレクターを設置することを決めた。

 首藤会長は「東九州バスク化構想という言葉や、延岡市が食の魅力あふれるまちを目指すことへの理解が進んできた。今年11月には『のべおか国際食卓会議』という食の大きなイベントを予定しているが、地道な活動を含めて身のある取り組みにしたい」とあいさつ。

 今年度は、食に関する人材育成や基盤強化、機運醸成、人の流れ創出、プロモーション推進の5本柱に基づく施策を加速し地域経済の好循環につなげるため、 崔六挫漏茵廚凌篆吻¬ノ賄な「食空間」の整備推進クリエーティブディレクターを活用したデザインとプロモーション−−を行うことを承認した。

 同ディレクターは、東九州バスク化構想の取り組みの統一感を確保しつつ、構想全体のより一層のプロモーション戦略を効果的に進めるために配置するもので、市内在住のデザイナーで、ロゴデザイン制作など同構想の活動に関わって小野信介氏(オノコボデザイン)を選んだ。

 今後は、構想の推進に関する各種ロゴデザイン制作や広告物などのデザイン・制作、料理人部会の会員向けのデザインやプロモーションに関するコンサルティング、協議会ホームページの制作・運用、構想のプロモーションに関する企画提案などの業務を行うという。

 このほか、事務局からは、同協議会内に発足した料理人部会の連携事業の第1弾として、7月初旬から12月初旬、本わさびメニュー(刺し身も可)を提供する取り組みを行うと報告。事業や支援の内容、参加店募集の案内の説明があり、同部会各店の協力を求めた。