【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡出身声楽家・上田真澄さんバレエの友と

本紙掲載日:2018-04-17
6面
公演のPRのために柔道場で撮影した写真。手前の着物姿が上田真澄さん、後方が前田美里さん

5月6日「ひなたを歌う」コンサート

 延岡市出身の声楽家上田真澄さん(ソプラノ)=東京在住=と、宮崎市在住のバレエダンサー前田美里さんが共演する異色の演奏会「ひなたを歌う〜バレエの友と」が、22日に宮崎市船塚のサル・マンジャー、5月6日には延岡市野口記念館で開かれる。開演はともに午後2時。

 上田さんは、子どもの頃から歌が好きだった一方、柔道も5歳から10年間習い初段。中学2年と高校1年の時、市民ミュージカル「ウズメ」に出演したことがきっかけで本格的に声楽を志し、宮崎学園高1年の2学期から音楽科に転科した。国立音楽大学卒業。

 現在、音楽の生演奏が〃売り〃のフレンチレストラン「ラジュネス代官山」にホールスタッフ兼アーティストとして勤めている。

 「30歳になる節目に、何か自分の力で演奏会を企画したい。でも〃ソプラノリサイタル〃という形は自分に似合わない。何か面白いことがしたい」と探していた昨年、宮崎県人が集う店で前田さんと再会。上田さんの歌を聴いた前田さんが「私、踊りたくなった」と言ったことがヒントになり、今回の企画が決まったという。

 前田さんは3歳からバレエを始め、中学卒業後ロシアに留学。昨年帰国し、宮崎市にバレエスタジオを開いた。

 オペラの舞台でバレエが踊られることはあるが、上田さんが歌うのは日本歌曲だ。「オペラには役柄があり、その役の年齢や背景を考えて歌う必要があるが、日本歌曲は〃私〃でいい。19歳の時に受けたレッスンでそう教えられ、日本歌曲に魅力を感じた」という。

 全曲ではないが、上田さんが歌う後方で前田さんが踊る。延岡公演では、前田さんの生徒4人も出演する。ピアニストは日向市在住の浜月春佳さん。

 多くの来場を呼び掛けている。チケットは両会場とも一般2000円、小学生から高校生まで1000円。延岡公演には託児所を設ける。

その他の記事/過去の記事
page-top