【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自分のことのようにうれしい

本紙掲載日:2018-05-23
3面
スマホをみながら歓声を上げる稲田会長(中央)ら

琴恵光8勝−感激の花火

◆大貫町の畑から2発−延岡後援会

 延岡市出身の大相撲東十両2枚目・琴恵光が勝ち越しを決めた22日、琴恵光延岡後援会(稲田義美会長)は同市大貫町の畑でお祝いの花火を打ち上げた。10日目での勝ち越しに、新入幕への期待も膨らんできた。雨の中で花火を見上げた稲田会長ら後援会の会員はいずれも笑顔。願ってもない祝砲となった。

 稲田会長、花火を準備した小泉鉄砲店の小泉博さんら6人は、取組が始まる前から集合。傘を差しながら、携帯電話のテレビ中継を見ながら本番を待った。

 妙義龍との取組が始まると「おー」と歓声。寄り倒しで勝った瞬間を見届けると、お互いに握手やハイタッチして喜びを分かち合い、すかさず祝砲2発が打ち上げられた。

 稲田会長の元には直後、佐渡ケ嶽親方から電話が入った。すぐに切れて、しばらくすると再び電話が入り、「親方、ありがとう。よかった。よかった」と大きな声。電話を切った稲田会長は「勝ち越しに感激した」。

 その後も、稲田会長の携帯電話は次々と着信音。電話での祝福が続いた。

 取組については「(琴恵光が)去年、延岡に帰って来た時に『幕内に上がる』という目標を挙げてから気合が入っていた。特に最近の2、3番は状態も良く、勝つと信じていた」と喜んだ。

 甲斐泰文副会長は「実力のある相手で五分五分の勝負になると思っていた。ただ、今場所は自信と風格を感じていたので勝ち越しが決まり、自分のことのようにうれしい」と目を細めた。

 後援会の柳田英明幹事長は「9勝すれば幕内入りがほぼ確実になるので、あと1勝」と力を込め「次の打ち上げは10勝目」と笑顔話していた。
「おー」と歓声を上げながら観戦する稲田会長たち

 

その他の記事/過去の記事
page-top