【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(16)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-01-09
8面

【平成8年7〜12月】
◇大学つくろう協議会結成
延岡市が誘致する4年制大学を支援しようと、県北市町村の民間団体が「大学
をつくろう協議会」を結成した(7月2日付)

◇地ビール村オープン
延岡市行縢町に県北初の地ビール工場「ひでじーのビール村」がオープン。大人の観光地として期待が集まった(7月4日付)

◇国際人工芝スキー大会
国内初の国際人工芝スキー大会が、北方町の速日の峰で始まった。冬季五輪金メダリストも招待された(7月5日付)

◇参百貫みこし復活
江戸末期に作られ、戦前まで延岡の祭りに登場していた「参百貫みこし」が復活した(7月5日付)。まつりのべおかで約50年ぶりに披露された。

◇映画館をリニューアル
延岡市で唯一の映画館が「シネマセントラル延岡」として新たなスタートを切った。座席をゆったりとし、最先端の音響を備えた(7月12日付)

◇JR空港線開通
地方空港としては全国初のアクセス鉄道となるJR宮崎空港線が開業した。延岡から宮崎空港まで最短69分となった(7月18日付)

◇兄弟で金、銀メダル
アトランタ五輪の柔道男子71キロ級で旭化成の中村兼三選手が金メダル(7月25日付)、65キロ級で兄の行成選手が銀メダルを獲得した(7月26日付)

◇装飾品ザクザク
高千穂町三田井の吾平原横穴墓群から装飾品の管玉などが多数出土した。県北でまとまった数の装飾品が出土したのは初めてだった(7月27日付)

◇北浦町にさざれ石
君が代に歌われる「さざれ石」が北浦町大間海岸などに分布していることが分かり、県が調査を始めた(7月30日付)

◇国見バイパス開通
椎葉村と五ケ瀬町を結ぶ国道265号国見バイパスが開通した。同区間の所要時間が約30分短縮された(8月2日付)

◇千葉選手5位入賞
アトランタ五輪の陸上女子1万メートルで千葉真子選手(旭化成)が5位入賞(8月3日付)。男子マラソンでは谷口浩美選手(同)が19位に入った(8月5日付)

◇完全な形で発掘
北浦町の海岸でニタリクジラの発掘作業があり、骨格がほぼ完全な形で回収された。クジラは平成6年11月に漂着し、海岸に埋められていた(8月7日付)

◇ロケ誘致かなわず
映画「男はつらいよ」で親しまれた俳優の渥美清さんが亡くなった。映画のロケ誘致運動を進めていた日向市のグループは「日向の空気を吸ってほしかった」と肩を落とした(8月8日付)

◇興梠舞さん、連続V
全国中学校体育大会の剣道女子個人戦で、東海3年の興梠舞さんが2年連続日本一に輝いた。姉で阿蘇高校2年のあゆみさんは全国高校総体の剣道個人、団体で優勝した(8月27日付)

◇アサヒビール、進出断念を打診
延岡市差木野町に清涼飲料水工場の進出を計画していたアサヒビールが、市に進出断念を申し入れていたことが分かった(8月29日付)

◇延岡市漁協発足
延岡市の延岡東、土々呂、鯛名、赤水の海面4漁協が合併し、新たに延岡市漁協が発足した。漁船パレードや看板除幕式で船出を祝った(9月2日付)

◇甲斐さん、剣道日本一
全日本女子剣道選手権があり、高千穂町出身の甲斐敦子三段=高千穂高−大阪府警=が初の頂点を極めた(9月2日付)

◇稲田さん夫妻、山を下りる
昭和46年から25年間にわたって延岡市の城山の鐘を守り続けた5代目鐘守の稲田正彦さん、ハナさん夫妻が、8月30日正午の鐘を最後に山を下りた(9月2日付)。米良辰巳さん、テル子さん夫妻が新たな鐘守に就任した(10月1日付)

◇友好の証しに孔子、獅子像
中国坊市から友好都市締結10周年を記念する孔子像と獅子像が日向市に贈られ、友好の証しとして中央公民館屋外広場に建立された(9月13日付)

◇放送大学学習センター開所
放送大学の宮崎地域学習センターが日向市の旧市立図書館跡に完成、授業開始を前に開所式と祝賀会が行われた。第1期生707人が応募した(9月19日付)

◇延岡市で1等宝くじ出る
サマージャンボ宝くじの1等6000万円が延岡市から出た。前後賞合わせて1億3000万円だった(9月21日付)

◇マックスバリュ開店
延岡市中川原町の旭化成サービス跡地に「マックスバリュ岡富店」が開店。川北地区の新たな商業核となった(9月25日付)

◇北方町で猟銃発砲事件
北方町で猟銃発砲事件があり、1人が死亡した。犯人は車で逃走したが、川南町で逮捕された(10月17日付)

◇自民が5議席独占
小選挙区比例代表並立制による初めての衆院選が行われ、県内は三つの小選挙区と比例区合わせて5議席を自民が独占した(10月21日付)

◇粗大ごみを広域処理
延岡市と北方、北川、北浦町は、家庭から出る粗大ごみを延岡市の清掃工場で一括処理することで合意し、処理協定書に調印した(10月26日付)

◇枇榔島にオヒキコウモリ
日本ではわずかしか確認されていなかった「オヒキコウモリ」が、門川町沖の枇榔(びろう)島に生息していることが分かった(10月29日付)

◇騒音日本一
日向市財光寺の国道10号の自動車騒音値が、昼間としては日本一高いことが環境庁のまとめで分かった。市は再調査する方針を示した(10月30日付)

◇リニアの実験終了
JR総研が、日向市美々津町の浮上式鉄道宮崎実験センターで行っていたリニアモーターカーの走行実験を終了することが分かった(10月31日付)

◇崔先生、米国へ
延岡市島浦町の市立診療所で15年間にわたって島民の健康を支えた崔栄龍医師が、長女が暮らす米国に移住することになった(11月8日付)

◇ねんりんピック開幕
全国健康福祉祭みやざき大会「ねんりんピック宮崎」が開幕。延岡、日向市など県内9市8町でスポーツ、文化部門など計37種目が行われた(11月11日付)

◇島野浦に新造フェリー
日豊汽船が建造していたカーフェリーの新船「にっぽう3」の就航式があった。延岡市浦城−島浦町間に就航した(11月19日付)

◇合格発表は番号のみ
県教委は、県立高校の合格発表を受験番号のみの掲示に変更することを明らかにした。私立高校は既に番号のみと決めていた(12月10日付)

◇西都−延岡整備計画に
国土開発幹線自動車道建設審議会が開かれ、東九州自動車道西都−延岡間が一括して整備計画区間に格上げされた(12月27日付)。延岡市はちょうちん行列やくす玉開披をして祝った。

◇延岡東、10年ぶり初戦突破
全国高校ラグビー大会1回戦が行われ、延岡東が鶴来(石川)を34−10で下し、昭和61年以来10年ぶりに初戦突破を果たした(12月30日付)。2回戦は磐城(福島)に19−29で敗れた。

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)


その他の記事/過去の記事
page-top