【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

震災の記憶生々しく

本紙掲載日:2019-03-16
3面
震災の記憶を語る石川弘子さん

いわき市の語り部・久之浜の石川さんが講演

 延岡市と兄弟都市の盟約を結ぶ福島県いわき市で、東日本大震災の語り部として活動する主婦石川弘子さん(60)=いわき市久之浜町=の講演会が15日、カルチャープラザのべおかであった。被災直後から撮り続ける写真と動画を交え、津波や原発事故の恐ろしさを生々しく伝えた。

 震災の記憶を風化させまいと、市民グループ「つなごう!延岡・いわき支援プロジェクト実行委員会」(八木千穂子委員長)が主催した。

 久之浜地区は、津波とその後の火災で沿岸部が焦土と化し、震災関連死を含む約70人が犠牲となった。カメラが好きだったという石川さんは、被災直後から撮り続ける写真や自らの体験を中高校生などに語り続けている。

 震災当日に撮影した動画には、「ヤバい」「ウソでしょ」という息子の声と共に、繰り返し押し寄せる津波の様子が流れた。家々に燃え広がる赤い炎、がれきの山と化した町の写真が映し出されると、会場を訪れた人たちから「あ〜っ」と悲嘆の声が漏れた。

 「あちこちでボン、ボンと爆発が起きた。電話もつながらず、情報はラジオだけ。その間にも揺れが続いた」と石川さん。「愛犬を探しに行ったり、位牌(いはい)を取りに帰って犠牲になった人もいる。一度避難したら絶対に戻ってはダメ」と呼び掛けた。

 久之浜地区の一部は東京電力福島第1原発の30キロ圏内にあり、爆発事故後にほぼ全住民が自主避難した。石川さんの家族も親戚を頼っていったんは東京に避難したが、「地元でできることはないか」と3月末には久之浜に戻ったという。

 震災から8年。石川さんは「いまだに戻れない人もいるし、心に穴が開いた人もたくさんいる。本当は原発反対と大きな声で言いたいが、そこで働く福島の人もいる。難しい問題だが、皆さんはどう思われますか」と投げ掛けた。

 いわき市には九州各県から毎年のように修学旅行の高校生が訪れるという。石川さんは「子どもたちに命の大切さや原発のことを伝えたい。兄弟都市の延岡市からもぜひ来てほしい」と話していた。

 講演会では、延岡市のオルゴール奏者、工藤美智代さん(60)による献奏もあった。

その他の記事/過去の記事
page-top