【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

事業承継をサポート

本紙掲載日:2019-04-29
1面
延岡市役所に開設した事業承継等支援センター

支援センターを開設−延岡市

◆マッチング、情報提供など

 人口減少や高齢化が大きな課題となっている中小企業者や小規模事業者の事業承継を支援するため、延岡市は26日、事業承継等支援センターを市役所3階の商業・駅まち振興課に開設した。県内の市町村での設置は初めて。

 センターの主な事業内容は、事業承継などに関する相談への対応や、セミナー開催などによる事業承継支援制度の周知などをはじめ、人口減少対策を踏まえ市への移住希望者(UIJターン者、地域おこし協力隊含む)への事業承継、起業をサポートする。

 具体的なサポートの内容としては、移住希望者と廃業を検討している市内事業者とのマッチング支援や、廃業時の資産(店舗、設備・機器など)の移住希望者への情報提供などを行う。

 また、全国規模でインターネット上での事業承継マッチング事業を展開している「トランビ」と連携し、市内事業者の事業承継を推進する。同社は自治体では長野県の塩尻市と安曇野市と提携しており、延岡市が全国3市目、九州では初になるという。

 事業承継が途絶えて廃業し、長年の経営手法や技術・技能などの財産が失われることは、地域経済や雇用を守る観点から深刻な課題。市によると、延岡商工会議所が行った昨年度の事業継承に関する診断の結果、対象の56事業所のうち約4割の23事業所が「後継者がいない」と答えたという。

 読谷山洋司市長は「県外で培った経験をふるさとで経営者として発揮したい人などを含めて、積極的に推進したい。身内が跡を継がない時点で廃業と諦めず、身内以外でも事業を引き継ぐ人を探せばチャンスはある。その流れを呼び込み、延岡の事業と雇用を守り、経済を発展させたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top