【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市未来を拓く子ども議会(上)

本紙掲載日:2019-08-29
1面
市当局の答弁後に再質問する大王谷学園中等部3年の豊福倫人さん

中学生が登壇

◆若者が楽しめる場所を−東郷病院医師不足が心配

 2019年度「日向市未来を拓(ひら)く子ども議会」が23日、市役所4階の市議会議場で開かれた。市内の中学校7校を代表する2、3年生の男女14人が登壇。まちの活性化や防災対策、環境・教育問題などについての質問に対し、十屋幸平市長や今村卓也教育長らが答弁した。主なやりとりを3回に分けて紹介する。

【外園ひなたさん】(財光寺中3)
▽人口を増やすために、まず魅力あるまちづくりを行うため、若者が楽しめるような場所をつくることはできないか。
▽十屋市長=本市の魅力である海や、恵まれたサーフィン環境を生かして多くの方に本市に来てもらったり、移住してもらったりするための構想「サーフタウン日向」の推進や「港を生かしたにぎわいづくり」に取り組んでいる。本年度は駅前交流広場で有名シェフによる「食の祭典」を開催し、市内外から多くの皆さんに来ていただいた。

【豊福倫人さん】(大王谷学園中等部3)
▽災害発生時に備え、市として具体的にどこと連携し、どのような訓練を行っているのか。
▽十屋市長=市総合防災訓練の中で警察や自衛隊、医師会などと協力し、大規模な災害発生を想定して情報伝達や避難訓練のほか、けが人を車両から救出した後に防災ヘリに搬送する訓練などを行っている。訓練を繰り返しながら市全体の防災意識を高めることが災害に強いまちづくりにつながると考えている。

【和田瑞菜さん】(日向中3)
▽観光客を増やすために、新幹線やリニアモーターカーを通してほしい。
▽十屋市長=新幹線やリニアモーターカーの整備に伴って地元に多額の負担を求められたり、JRなどの在来線の経営を圧迫したりすることも心配される。市としては多くの市民の皆さんが快適に住み続けられるように各分野での取り組みを充実させ、故郷に誇りと愛着を持てるまちづくりを展開していきたい。

【橋口柚月さん】(東郷学園8)
▽市立東郷病院の医師不足を地元の人たちは心配している。どのような取り組みがなされているのか。
▽十屋市長=市では「東郷病院の在り方検討会」を設置して、東郷病院が公立の医療機関として地域医療のどの部分を担い、どのような医療を提供することが望ましいのか、検討していくことにしている。今後も地域住民の皆さんの安心安全を守る役割を担える病院づくりに取り組んでいきたいと考えている。

その他の記事/過去の記事
page-top