【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旭化成陸上部・喜びの懇親会

本紙掲載日:2020-01-04
3面

小堀社長「偉業を成し遂げた」

◆これを弾みに東京五輪へ−前橋市内のホテル

 旭化成陸上部は4連覇を達成した1日、後援会が群馬県前橋市内のホテルで開いた懇親会に出席した。会場には後援会メンバーや会社関係者ら約130人が集結。祝福ムードに包まれる中、冒頭に小堀秀毅社長が「偉業を成し遂げてくれた。駅伝の成果を大きな励みにし、東京五輪にも出場してほしい」とオリンピックイヤーの幸先の良いスタートを喜び、今シーズンの活躍に期待を寄せた。

 陸上部の各スタッフもあいさつ。佐藤彰洋陸上部部長は「皆さんの温かい応援のおかげで4連覇できた。若手の成長も見られ、今後につながる」と述べた。宗茂顧問は「ハラハラドキドキの展開だったが、終わってみれば大会記録を大幅に上回る結果。ニューヒーロー(6区小野知大)が出たのも良かった。きょう走れなかった選手も次は自分の番だと奮起してほしい」と語った。

 宗猛総監督は「誰を使っても大丈夫という状況で、いろいろな区間編成を考え悩んだのは久しぶり。茂木(圭次郎、1区)や小野が今回活躍したことはチームにとって大きい。駅伝は4連覇できたが、旭化成はやっぱりマラソン。五輪を狙い、駅伝でも勝つという伝統をこれからも続けたい」。西政幸監督は各選手の活躍に触れた上で「ワンチームで戦えた。大会のレベルは上がっているが、その中でも勝ち続けたい」と連覇を伸ばしていく覚悟を示した。

 歓談中は選手たちも登壇し、感想を述べた。1区茂木選手は「区間賞を取れなかったのは個人的に残念だが、役割は果たせたと思う」と一定の手応え。3区市田宏選手は「後ろから追い上げられているとは思わなかった。来年も3区を走り、積極的なレースを展開してリベンジしたい」と誓い、4区市田孝選手は「個人的には納得できるレースではなかったが、みんなで優勝できて良かった。このチームの勢いを個人種目にもつなげていきたい」と語った。

 区間賞を獲得した5区村山謙太選手は「ここでトヨタに離されると優勝がなくなると思った。自分の走りで優勝が決まる、良い位置で小野につなぎたいと走った。この区間賞を弾みに、3月の東京マラソンで日本記録に挑戦したい」と力を込めた。区間新で区間賞を奪った6区小野選手は「名だたる選手に勝てたことよりも、(区間記録保持者だった先輩の)宏さんの記録を超えられたことが自信になる。宏さんのアドバイスが良かった」と偉大な先輩超えを喜んだ。

 故障明けながら区間新をたたき出したアンカー鎧坂哲哉選手は「アンカーの仕事はゴールテープを切ること。調子は良いわけではなかったが、こういう走りができて自信になった。トラックで日本記録を狙い東京五輪を目指したい」と語り、大きな拍手を浴びた。


◆歓喜の輪−エンクロスでパブリックビューイング

 延岡市幸町の駅前複合施設「エンクロス」ではパブリックビューイングが行われ、旭化成4連覇の歓喜に沸いた。

 2階待合ラウンジに大型モニターを設置。レース前半から駅伝ファンや帰省中の中学生ら延べ約100人が訪れ、旭化成勢の走りを見守った。

 レースが動いた後半、6区の小野知大選手がトヨタ自動車の選手をかわして首位に立つと、拍手が起こり、「よっしゃ」の歓声も。アンカーの鎧坂哲哉選手がトップの座を守ってゴールすると、ひと際大きな拍手と万歳で歓喜の輪が広がった。

 延岡市出身で宮崎西高校付属中学校2年生の馬目歩さん(14)は「故郷の誇り。旭化成が4連覇して非常にうれしい。最後の3選手が区間賞を取った、その粘りを見習っていきたい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top