【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聖火リレー、新日程で

本紙掲載日:2020-03-25
3面

◆本県担当課「残念だが、前向きに」

 聖火リレー見送りの方針を受け、県は25日午前から対応を協議した。担当の総合政策課は「残り1月という時期に残念だが、中止ではなく延期ということで、前向きに捉えたい」と語った。

 県内の聖火リレーは4月26、27日の予定で準備も着々と進めていた。今回の決定を受け、延岡市街地に設置しているフラッグなどの撤去や、ボランティア、警備関係者へキャンセルの連絡を進める。

 ランナーについては組織委員会が一元的に連絡するようになっており、「必要があればフォローする。また、新たな日程が決まり次第、再スタートを切りたい」とした。


◆「残念」「来年また」−県内の走者ら前向き

 宮崎県の聖火リレーは4月26、27日に、高千穂町、延岡市、日向市など13市町の180区間(約35キロ)で行われる予定だった。ランナーは県実行委員会が選出した公募や推薦、PR、スポンサー枠を合わせた約180人。予定されていたランナーからは延期に理解を示しつつ、「選手の方が大変」「前向きに考えている」などの声が聞かれた。

 県内の出発地だった高千穂町に住む木下義明さん(71)は前回の東京五輪で聖火ランナーの随走者を務め、今回が人生2度目のランナーだった。昨夜のテレビニュースで延期を知り、「人命が第一と考えれば、決定に従うしかない。当日は福岡などからマラソン仲間が応援に来てくれる予定だったので少し残念」と受け止めた。

 ただ、中止ではなく延期だったことは救われたといい、「走ることが大好きで、走り始めて今年で60年の節目でした。楽しみが先に延びたと前向きに考えています」と明るかった。

 前回の東京五輪で50キロ競歩の選手として出場し、今回の聖火ランナーに選ばれてた延岡市の三輪寿美雄さん(87)=三輪整体施術院=は自身の体験を踏まえ「気持ちを切り替えなくてはならない選手の方が大変」と代表選手を思いやった。公募ランナーの中では最高齢で「来年は米寿で迎える記念の年。選んでもらえるよう体力維持に努めたい」と気持ちを新たにした。





その他の記事/過去の記事
page-top