【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナに負けない−炭火焼・吉兆

本紙掲載日:2020-05-06
3面
テイクアウトを始めた炭火焼「吉兆」。焼肉(5000円盛り)セットを手にする達也さん

売り上げ普段の5分の1−跳ね返そうとテイクアウト展開

◆家庭で店の味を−延岡市古城町

 延岡市古城町の炭火焼「吉兆」(山下貞男代表)。鹿児島・宮崎黒毛和牛や鹿児島黒豚など、山下代表が自ら仕入れした上質なお肉を炭火で味わえる人気店だが、コロナ禍の影響を受け4月20日からテイクアウトを始めた。

 「3月にキャンセルがあったのは団体さん。ほかは変わりなかった」とは父親と一緒に店を切り盛りする2代目の達也さん(35)。普段から個室を利用する家族客が多く、それほど落ち込みはなかった。

 ところが、志村けんさんの訃報や県北での感染が報じられると一転して客足は遠のいた。売り上げは例年の5分の1に落ち込んだ。

 貞男さん(66)は、2010年の口蹄(こうてい)疫に触れ、「当時は仕入れが困難になり、経営を圧迫したが、コロナは逆。お肉はたくさんあるが、人が来ない。売り上げは口蹄疫の半分以下」。

 そこで外出自粛のために来店したくてもできないお客さんに家で楽しんでもらおうとテイクアウトをすることを決めた。

 メニューは「焼肉」(3人前5000円から)、「すき焼き」(3人前1万円)、ほかに「しゃぶしゃぶ」「冷麺」(3食セット)や各種単品も対応する。単品は店内メニュー価格から10%引き。

 すき焼きの肉は、鹿児島黒毛和牛の最高級リブロース。オリジナルの割り下と自然卵付きで、家庭で本格的な味が楽しめる。

 達也さんは、「お店の価格よりお安くしております」とテイクアウトの利用を呼び掛ける一方、「個室もあり、広間も各テーブルは距離を取っています。やっぱり店に来て、炭火で焼いて食べるのが一番おいしいです。たまの外食にご利用いただけたら」と話している。

 注文は、当日が午後3時から。それ以前に受け取りたい場合は前日までに予約すること。問い合わせは(電話延岡26・2444)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top