【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナリポート−消えたサーファー

本紙掲載日:2020-05-12
3面
毎年多くのサーファーでにぎわうお倉ケ浜ビーチ。今年は大型連休最終日もサーファーの姿はなかった(6日)

4月18日から閉鎖−いち早い対応でき、良かった

◆日向市内の関係者−他県の人も海へ、平常が願い

 国内有数のサーフスポットとして知られる日向市のお倉ケ浜や金ケ浜。ゴールデンウイーク最終日の6日もサーファーの姿を見掛けることはなかった。まぶしい日差しが照りつける中、砂浜に打ち寄せる波音が聞こえるだけで閑散としていた。

 同市出身のプロサーファーで、お倉ケ浜ビーチ近くのサーフショップ「サンライズ・サーフショップ」(同市平岩)を20年近く経営しながら、市サーフィン連盟の副会長を務める伊久良城二さん(47)。毎朝、お倉ケ浜の波のコンディションを見ることが日課だが、「例年なら駐車場は早朝から満車ですが、封鎖以降、人が全然いなくなり寂しいですね」と、様変わりしたホームグラウンドの光景が信じられない様子だ。

 新型コロナウイルスの感染予防対策として、市と同連盟は4月18日午後からお倉ケ浜海岸のビーチハウス駐車場などを閉鎖したほか、金ケ浜や伊勢ケ浜などにも県外者の自粛要請の看板を設置。シャワーなどの施設も使用禁止とした。

 国の緊急事態宣言の全国拡大を受け、同25日からは市内外を問わず、すべてのサーファーに自粛を要請。市のホームページや市サーフィン連盟のフェイスブックなどで連名で理解を呼び掛けた。

 伊久良さんは「サーフタウンを打ち出しているまちなので、地元の人たちの命や安全を守るのも使命。駐車場を閉鎖するなど、いち早く対応できたのは良かった」と苦渋の決断を振り返る。

 その影響で自身のサーフショップで好評のサーフィンスクールの予約をすべて断ったほか、来店者や売り上げも激減。「毎年ゴールデンウイーク中は一日中バタバタしていたが、こんなにのんびりした年は今までなかった。しかし、厳しい状況はどの店舗も一緒」と前向きにとらえ、自身のフェイスブックなどで楽しみながらできるトレーニング法などを公開し、明るさや元気を発信しているという。

 市と市サーフィン連盟では今月11日以降、すべての人を対象にしたサーフィンの自粛要請を、市内と圏域の在住者限定で解除した。「早く収束して、日本中、世界中でサーフィンを笑顔でできるような日常に戻ってほしい。そのために今は、自分たちができることをやっていくしかない」と前を向いた。

            ▽        ▽

 目の前に金ケ浜ビーチが広がる「民宿金ケ浜」(同市平岩)は、多くのサーファーたちに親しまれる創業50年の宿泊施設。1階の食堂では新鮮な魚料理や和定食など豊富な食事メニューを提供し、観光客にも評判だ。

 繁忙期に入る4月以降の宿泊客は東京や大阪、福岡など、いわゆる「特定警戒都道府県」からやって来るサーファーが常連。予約は6月までに約200件入っていたものの「事情を説明し、こちらからすべてキャンセルのお願いをさせていただいた」。食堂の方はテイクアウトを始めたことで前年比で10分の1の売り上げまで取り戻したという。

 「初めての経験。今回は結構厳しいですね。先行きが不透明なので不安はあるが、他の店も状況は同じなのでしょうがない」。20年前から店を切り盛りする3代目の甲斐達郎代表(45)は笑みを浮かべて、明るく努める。

 お倉ケ浜ビーチハウスの駐車場が閉鎖された4月18日午後、市からの打診を受けて、所有する専用駐車場にサーフィンを目的とする県外者の利用を禁止する掲示板を立てた。市内外を問わず、すべてのサーファーに自粛を要請した同25日からは「食堂のお客さんもまばらになった」と振り返る。

 「昨年までは朝から晩まで、仕込みなどの仕事に追われていた。今は時間に余裕があるので、気付いたところを改善している」と甲斐代表。

 収束後のことを考え、店舗のビーチ側の緑化に取り組んだり、シャワー施設造りなど環境整備に汗を流す。プロサーファーでもある店スタッフによるサーフィンスクールを開講する構想もある。「暇は暇、大変は大変だが悲壮感はない」と言い切る。

 そして「サーファーを主体に今までやってきた。早く他県の人たちも気兼ねなく海に入れるよう、今まで通りの平常に戻ることが願い」と話し、必ずやって来る終息の日を待ち望んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top