【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

笑顔広がる出張販売−野田町の愛マート

本紙掲載日:2020-05-12
8面

今年1月から−2公民館で週1回ずつ〃開店〃−延岡

 「火曜と金曜はお買い物デー」――。延岡市西階町の西階うぐいす公民館と、野田町の西階台公民館が週に一度、買い物を楽しむお年寄りたちでにぎわっている。野田町の愛マート(峯田英俊代表)が今年1月から、両地区の福祉推進チームから要請を受けて行っている出張販売で、野菜や果物、魚介類、総菜といった食料品などが喜ばれている。

◆交通手段を持たない高齢者のために模索

 両地区は高度成長期に多くの人が移り住んだ地域。しかし、現在は高齢化が進み、過去にはあったスーパーも今は地区内にはない。地区外のスーパーや量販店に行くには、長い距離を歩くことが困難だったり、交通手段を持たないというお年寄りには、ハードルが高くなっていた。

 このため、福祉推進チームが「何とかしてあげたい」と南方地域包括支援センターを通じて、出張販売をしてくれる業者を模索。峯田代表に打診したところ、「団地には長年お世話になったお客さんも多い。地域のためなら」と快諾を得てスタートした。

◆コロナ禍、感染防止対策念入りに

 開店日は火曜日がうぐいす公民館、金曜日が西階台公民館で、時間はいずれも午前11時ごろから。両公民館とも、開店前には福祉推進チームのメンバーが訪れ、館内の掃除や換気、品物を並べるための机などを準備する。特に今は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、念入りに掃除を行うほか、客同士が密集しないように配慮している。

 うぐいす公民館では当初、館内にある台所のスペースで十分だったが、買い物客が増え、持ち込む品物も充実してきたこともあり、公民館そのものを使うようになった。また、マスクをしていない買い物客には、うぐいす区福祉推進チームの甲斐幸恵代表が手作りしたマスクを使用してもらうなど、念入りに対策を講じているという。

◆豊富な品ぞろえ「本当に助かる」

 愛マートからは、峯田代表ら2人が、ワゴン車に商品を詰め込んで訪れる。約1時間の営業ながら、買い物を終えた人たちには笑顔が広がり、「本当に助かる」「買い物は楽しい」「総菜がおいしいから」「花も持って来てくれるとよ」との声が挙がる。自分の目で見て、商品を選べることが何よりも喜ばれている。

 甲斐代表は「最初は20人ほどのお客さんでしたが、今は40人ぐらいが来てくれるようになった。品ぞろえも増えて、『本当に助かります』とたくさんの声をいただいている」。

 野田町の民生児童委員島村善之典さんも「愛マートさんは、近所のお店なので安心できる。顔見知りも多く、コミュニケーションの場にもなっているので、これからも続けてもらえたら」と願っている。

 週に2回とはいえ、品物の準備や搬入、撤去と、手間も暇もかかるが、峯田代表は「どちらの会場も、推進チームの皆さんが掃除や設営と準備を手伝ってくれるので助かる」と感謝。「昔からの客さんで、数十年ぶりに顔を見る人たちも少なくない。皆さんの笑顔を楽しみに、新鮮で目新しい物をそろえていきたい」と意気込みを話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top