【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

グリーンボンド発行へ

本紙掲載日:2020-05-13
3面

発電所工事資金に−旭化成

 旭化成(本社東京・小堀秀毅社長)は11日、国内市場での公募形式によるグリーンボンド(無担保普通社債)を発行すると発表した。時期は6月以降で、発行額100億円、発行年限5年を予定。同社が所有する水力発電所の五ケ瀬川発電所(日之影町)と馬見原発電所(熊本県上益城郡)を改修する工事資金とし、発電効率や耐震性の向上を図る。

 同社は2019年度からの3カ年の中期経営計画(Cs+forTomorrow2021)において「サステナビリティ(持続可能性)」を経営の重点要素と位置付けている。また同社グループの姿勢として「CareforPeopleCareforEarth(人と地球の未来を想〈おも〉う)」を掲げて各種事業を展開しており、再生可能エネルギーの長期活用を図る水力発電所設備の更新と能力向上もその一つ。

 同社は水力発電所で造られる電気を延岡地区工場群で活用しており、大正時代に建設された五ケ瀬川発電所と馬見原発電所の改修によって高効率化を図る考え。今回の発行に際して「クリーンなエネルギーの積極的活用を継続することで、自然環境に配慮した事業活動を行い、持続可能な社会の実現に貢献していく」としている。


■グリーンボンド
 企業や地方公共団体などがグリーンプロジェクト(環境改善効果がある再生可能エネルギー事業、省エネ建築物の建設・改修等)に必要な資金調達のために発行する債券。
旭化成は、同発行に当たって国際資本市場協会(ICMA)のガイドラインに沿ったフレームワークを策定し、第三者機関による外部評価を得ている。

その他の記事/過去の記事
page-top