【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

男女間の格差「不平等への気付き大切」

本紙掲載日:2020-07-02
8面
男女共同参画週間に合わせて開かれた講演会
講師を務めた山田さん

県男女共同参画センター山田所長が講演

 男女共同参画週間(6月23〜29日)にちなむ講演会が6月27日、延岡市桜小路の川中コミュニティセンターであり、県男女共同参画センターの山田成美所長が「SDGs(持続可能な開発目標)に関わる17のゴール」をテーマに話した。のべおか男女共同参画会議21(古本政子会長)が主催し、約30人が参加した。

 山田所長によると、経済、政治、教育、健康の分野から世界の男女格差を図る「ジェンダーギャップ指数」が昨年発表され、日本は153カ国中121位と低く、男女間の格差が大きいことが明らかになったという。

 講演で山田所長は、主に経済と政治において男女間が極めて不平等であると指摘。世界の女性議員の割合は24%で、このうち日本は10%という現状も紹介しながら「問題解決や発見などに女性の視点が不可欠」と訴えた。

 また、日本の女性は出産で離職することが多く、長時間労働の改善などの施策が世界と比べて遅れていることを指摘。SDGsは、こうした男女間の不平等や貧困、環境といった諸問題に対処するために策定されたもので、”郎い鬚覆す⊇擦濛海韻蕕譴襪泙舛鼎り―など17の目標があることを説明した。

 その中で、特に「ジェンダーの平等を実現しよう」については、すべての目標に関わりがあり、重要であることを強調。目標を達成するために「身の回りで起こる不平等に気付くことが大切」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top