【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ササ竹を手に「起きよ!」

本紙掲載日:2020-09-17
3面
家々を回り「起きよ―!」と叫ぶ児童ら(17日午前5時30分ごろ、日向市美々津町)

神武東征にちなむ伝統の祭り−日向

◆早朝の美々津地区−児童の声響く

 日向市美々津町立縫区で、神武天皇の東征伝説にちなむ伝統行事「おきよ祭り」が旧暦8月1日に当たる17日、行われた。今年は新型コロナ感染症の感染防止の観点から規模を縮小して実施した。それでも子どもたちは元気いっぱいに「起きよー!起きよー!」と家々を回った。主催は、美々津の歴史的町並みを守る会(米原康夫会長)。

 祭りは、神武天皇が東征のために美々津から舟出した時の言い伝えが由来。舟出は、8月2日の予定だったが、風向きや潮の流れが良くなったことから、急きょ変更して8月1日(八朔〈はっさく〉)の早朝に出発。そのため、急いで近隣の人を起こして回ったとされている。

 例年、美々津小の児童が20〜30人ほど参加するが、今年は立縫地区の子どもたちだけが参加。子ども8人と保護者、関係者ら約20人で実施した。

 午前5時、神武天皇が座ったと伝えられる腰掛け岩がある立磐神社に集合し、お払いを受けて出発。児童らは玄関前で「起きよ―!」と叫びながら、手に持ったササ竹を戸に何度もたたき付けた。

 初めて参加したという小林友佳さん(8)は「ササをたたいて起こすのが楽しかった。みんなが起きてくれて良かった」と笑顔だった。

その他の記事/過去の記事
page-top