【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ拡大防止対策−緊急シンポジウム(1)

本紙掲載日:2021-09-02
3面
県北主要機関・団体のトップが臨んだ新型コロナウイルス感染拡大防止対策シンポジウム(8月31日、延岡市医師会病院)
県北地域医療崩壊の危機を訴える県立延岡病院の寺尾公成院長

医療現場「奈落の底に落ちそう」

◆患者への対応に疲弊−総力戦も限界は目前

 新型コロナウイルスが変異種の「デルタ株」へと置き換わり、県内でも爆発的に感染が拡大する中、延岡市医師会は緊急に県北の主要機関・団体と連絡を取り合い、8月31日夜に代表者を集めての「新型コロナウイルス感染拡大防止対策シンポジウム」を開いた。

 出席者は医療崩壊が現実のものになろうとしているという危機意識を共有し、切り札とされるワクチン接種をいかに迅速に広く進めていくかを中心として熱心に意見を交わした。協議内容の要旨をテーマごとに分けてリポートする。

◆地域医療崩壊

 「もう医療だけの連携だけではダメ。このままやっていたら、奈落の底にでも落ちていかんばかりの勢いになりそうです」。県立延岡病院(県病院)の寺尾公成院長は、増加の一途をたどる受け入れ患者への対応に疲弊する現場の声を代弁した。

 県内で第2波の感染が拡大した昨年7月末の週末、寺尾院長は県病院だけでは乗り越えられないと直感。相談を受けた延岡市医師会の佐藤信博会長は大至急、医師会病院に病棟を確保し、感染者の入院受け入れ態勢を整えた。

 同年末の第3波では延岡共立病院、今年4、5月の第4波はさらに感染者数が跳ね上がり日向市の県済生会日向病院、さらに今回の第5波では同市の千代田病院との連携体制も構築。延岡・西臼杵圏域と日向・入郷圏域の県北が一体となり、保健所とも連動した「延岡システム」で幾多の難局を乗り越えてきた。

 着任時から思い描いていた県北地域の医療連携を、新型コロナのため諦めようとしていた寺尾院長だが、この困難により構想は思わぬ形で実現したことになる。だが一方で、第5波は医療連携だけでは維持できないような負担を現場に強いている。

 医療連携で県病院は、酸素投与や集中治療など厳重な管理が必要な重症者(中等症彊幣紂砲亮け入れを担う。シンポジウム開催当日現在、ICU(集中治療室)では50代の重症者2人を治療中。中等症兇隆擬圓癸型佑い董△Δ腺運佑惑ド悄■運佑歪覯切開し、その赤ちゃんはICUに入っていることが報告された。

 こうした重症者の治療には多くの人力を要し、第5波では看護力を集約化させるため同院は先週末に病棟の一つを閉鎖。従来担当外の医療スタッフ、臨床工学技士、X線技師、薬剤師、臨床検査技師など、あらゆる人材を投入した総力戦で対応を続けている。

 県北22万市民の命のとりでである中核病院として、何とかがんや脳卒中の緊急手術や2次、3次救急医療などにも対応できているが、限界は目前に迫る。

 延岡システムで入退院や療養施設の入退所、投薬、ワクチン接種まで、あらゆる調整役(コーディネーター)を担う県新型コロナ調整本部特任医師の佐藤圭創医師は、各病院の受け入れ状況を「簡単に言えば9割方満床」と説明。抜けた分だけ入れるという自転車操業の入退院が続き、県北では抑えられていた自宅療養者がここに来て急増しているという。

 こうした状況に、シンポジウムでは、「いつ誰が倒れてもおかしくない状況」「誰かが倒れたら回らなくなる」との認識を共有。県看護協会の中武郁子会長は人材不足の中、現役を退いたOBの協力で何とか対処しているが、「目の前に患者がいれば無理してでも看護してしまう」と看護師の置かれた過酷な現状も心配した。

◆みんなで見守っていく社会に

 一方、参加者からは第5波で延岡市内の医療機関に日向や門川からも多くの入院を受け入れ、市内の患者が入れない状況が出ているとして、「日向、門川にも病院やホテルはある。地元でもっと力を入れて(感染者を)隔離できるようにしてもらいたい」との指摘もあった。

 これに対し、日向市東臼杵郡医師会は「地域内でクラスターも発生しており、通常診療や救急診療ができなくなれば逆に迷惑を掛けてしまうのが心配だった」と説明。今後、対応策を探る考えを示した。

 新学期再開により、ワクチンを接種できない世代の子どもたちに感染が広まる懸念や、ラムダ株といった新たな変異種の拡大など、先行きは不透明だ。出席した医療関係者も相次いで警鐘を鳴らした。

 地域医療崩壊の危機を訴える佐藤医師は、「医療関係者だけでは感染者は抑えられない。みんなで見守っていく社会にしていかなければ」と提言。県病院の寺尾院長は「病床のコントロールを何とか社会で、俗っぽく言えば〃ワンチーム〃でやっていければ、何とか難局を切り抜けていけるのではないか」と、出席者の支援に期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top