【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

細島のにぎわい創出に貢献

本紙掲載日:2022-04-02
2面
県観光協会の片寄専務(中央)から表彰を受けたHOSOSHIMAまちづくり協議会の三輪会長(左から2人目)ら。右は十屋市長=3月24日、日向市役所

まちづくり協議会へ・県観光功労表彰−日向

 県観光協会の2021年度県観光功労表彰伝達式が3月24日、日向市役所であり、団体表彰を受けたHOSOSHIMAまちづくり協議会(三輪俊二会長)をたたえた。

 同協議会は、2010年4月に発足。細島地区の住民らが主体となり、細島みなと祭りをはじめとする地域のにぎわい創出のほか、観光地清掃、防災対策などさまざまな活動に尽力してきた功績が評価された。

 表彰式は当初、2月に宮崎市で予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大で中止に。伝達式は、県観光協会の片寄元道専務理事、同協議会の三輪会長、同眦槌津子さん、十屋幸平市長、市観光協会の黒木繁人会長代行らが出席して行われた。

 片寄専務は「長年にわたるにぎわい創出の尽力は、観光振興のお手本であり、日向市の大きな原動力になっている。今後も楽しく元気に活動を続けてほしい」とあいさつ。

 三輪会長は「会員の人間づくりができれば、まちづくりは成功するという信念でコツコツ続けてきた。今後の活動に勇気をもらいました」と謝辞を述べた。

 県観光功労表彰は1964年から毎年、本県の観光、コンベンション、スポーツの振興などに功績のあった個人、団体に贈られている。今年度は同協議会のほか、妻北地域づくり協議会(西都市)が選ばれた。

その他の記事/過去の記事
page-top