【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自転車、点検忘れず安全運転

本紙掲載日:2022-04-22
2面
東九州自動車学校の教習指導員を招いて実施した北浦中の交通安全教室
県内で発生した交通事故を例にした実演指導も

自動車学校から講師−北浦中で教室

 延岡市立北浦中学校(川原寛幸校長、50人)は15日、東九州自動車学校(土々呂町)の教習指導員を講師に招いて交通安全教室を実施し、自転車に乗る際の注意点や日頃の点検方法について学んだ。

 同校では、生徒の半数以上が自転車で通学。教室は、安全に道路を通行するために必要な技能、知識を身に付けるとともに思いやりを持った利用を促そうと、新入生が入ってくるこの時期に毎年実施している。

 この日は東九州自動車学校から、交通安全教育主任の松本武蔵さん(31)と指導員の中川康伸さん(42)が訪れ、県内で起きた交通事故の事例を紹介しながら、交通マナーの重要性を説いた。

 まずは、自転車の点検方法についておさらい。実際にタイヤを回したり、ペダルをこぐなどして、ブレーキが反応するか、備え付けの鍵がしっかりとかかるかどうかなどを確認した。

 また、松本さんは県内の自転車窃盗率が高いことや、防犯登録シールから個人情報が抜き取られる可能性があることにも触れ、「備え付けのものだけでなく、市販の鍵など二重で施錠してほしい」と呼び掛けた。

 実演指導もあり、歩道で行われていた工事を避けて車道に飛び出した自転車が、後方から走ってきた自動車にはねられたという県内の事故を例に「車道に出るときは必ず止まって確認して」とアドバイス。時速10〜40キロで走っていた車が、ブレーキをかけたらどこで止まるのかを確認し、生徒たちは砂ぼこりを上げながら急停止する自動車をまじまじと眺めていた。

 3年の日皸貂蕕気鵝複隠粥砲蓮崋転車の点検の話を改めて聞けて良かった。盗難の話もためになった」。松本さんは「自転車は車道を走る自動車と同じ。乗る際は絶対に急がないで」と強調し、「自分の命は自分で守るという意識を第一に持って、さまざまな事柄を考える力を養ってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top