【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎の魚料理を募集

本紙掲載日:2020-07-28
6面

8月18日締め切り、シーフード料理コンクール−県漁連

 県漁業協同組合連合会は「2020年度シーフード料理コンクール」への出品メニューを募集している。「プロを目指す学生部門」と「お魚料理チャレンジ部門」の2部門があり、上位各2人は全国コンクールに推薦される。8月18日必着。

 両部門とも県内在住者のみ。学生部門は調理師専門学校、高校調理科、栄養専門学校、短大・大学で専門的に調理・栄養を勉強している学生、食のプロを目指す学生、漁業関係推薦の学生が対象。チャレンジ部門はそれ以外の人で、プロ・アマも問わない。

 テーマは「おいしいおうちギョ(魚)はん〜あなたのおすすめ魚料理を教えてください」。県漁連が指定する「みやざきのさかな」「県のプライドフィッシュ」を1種類以上と、地元や身近な国産の魚・貝・海藻類と野菜を使用することが条件。

 ごはん、汁物、おかず、おやつなど種類は問わず、一品料理を募集。学生部門は地元の定番レシピとなるような料理、チャレンジ部門は調理しやすいように工程や材料数などを工夫すること。

 4人分で、調理時間は下ごしらえを含め40分以内(炊飯器の炊飯時間は除く)、材料費は1人分1500円程度が目安。全国審査がある12月に入手できる食材を使用する料理とするが、応募時は代わりの食材でもよい。

 県漁連のホームページからダウンロードできる応募用紙に、住所、氏名、年齢、職業(学校名)、電話番号、性別のほか、メニュー名、材料、作り方、こつ、その魚介類を選んだ理由、料理を作る上でのポイントなどを明記。料理の写真を添付して申し込む。

 書類審査を通過した両部門各4人による実技審査は、9月12日に宮崎市の県水産会館(宮崎港付近)で実施。それぞれに県知事賞(最優秀賞)、県漁連会長賞などの各賞を贈る。問い合わせ先は県漁連漁政部(電話0985・28・6111)。

 コンクール指定の県産魚介類は次の通り。

【みやざきのさかな】春=カツオ、マグロ、タイ▽夏=カンパチ、シイラ、トビウオ▽秋=イセエビ、アジ、イワシ▽冬=ブリ、ヒラメ、オオニベ▽川魚=アユ、ウナギ、ヤマメ

【県のプライドフィッシュ】宮崎近海生マグロ、日南のかつお、宮崎メヒカリ、宮崎ちりめん、宮崎イセエビ、e―かんぱち、マヒマヒ(シイラ)



その他の記事/過去の記事
page-top