【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

機能満載、交流の場

本紙掲載日:2020-08-08
8面

椎葉村の新施設「Katerie」

◆活用幅広く、観光・ビジネスでも

 椎葉村が整備した新たな交流拠点施設「Katerie(かてりえ)」がこのほど、同村下福良にオープンした。施設名の「かてりえ」は、村に伝わる相互扶助の精神を表す言葉「かてーり」と「家」を組み合わせた造語。村初の図書館やキッズスペース、Wi―Fi完備の会議室など幅広い世代、さまざまな活動で利用可能な施設となっている。

 村の人口は、1960(昭和35)年の1万879人をピークに年々減少。6月1日時点では約4分の1の2523人と、人口減少対策が村の重要課題となっている。

 そうした中、2012年に特別養護老人ホーム「平寿園」の移転が決定し、村は施設跡地を有効利用するため、村内外から意見を募集。17年には検討委員会を発足させ、村民から寄せられた「インターネットが利用できる施設」「公園がほしい」などの意見も踏まえ、「子どもたちが集い、遊び、村内外の人たちと交流する施設」の整備を決めた。

 総床面積約1820平方メートルの鉄骨2階建てで、総工事費(委託料、設備費を含む)は約8億878万円。

 1階は、木の遊具や絵本などが並ぶ「キッズスペース」、県内で初導入となる3D木材加工機など最新機器がそろう「ものづくりラボ」、コインランドリーなど。2階は、一般書や漫画など約1万5千冊がそろう図書館「ぶん文Bun」をはじめ、大・小会議室、コワーキングスペース、シャワールームもある。全館無料のWi―Fiが完備され、村外の利用者が観光の拠点やワーケーション時の仕事の拠点としても利用できる。

 また、交流ラウンジの壁でボルダリングができるほか、2階へ上る階段には滑り台も設置。隣接する椎葉中央保育所と共有の公園もあり、小さな子どもたちにはうれしい仕掛けが満載な施設になっている。

 コンセプトは「未来の巣箱」。村では養蜂も盛んで、ニホンミツバチが巣箱に帰って来る習性に着想を得たという。

 Katerieのロゴや室内の床には六角形がデザインされており、図書館のオリジナルキャラクター「コハチロー」のモデルはニホンミツバチ。子どもたちをミツバチになぞらえ、「帰って来る場所は椎葉であってほしい」との思いが込められている。

 なお、かてりえは新型コロナウイルス感染防止のため、5日から利用を休止している。

その他の記事/過去の記事
page-top