【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

昔ながらにしめ飾り作り

本紙掲載日:2020-12-01
2面
甲斐さんの実演を見詰める児童
稲わらでしめ飾りを作る児童

正月の縁起物押方小3〜6年生が体験−高千穂町

 高千穂町押方小学校(興梠良治校長)の3〜6年生20人が11月26日、昔ながらのしめ飾り作りを体験した。同校では今年度、4学年の児童を対象にわら草履やしの笛作り、同町発祥の民謡「刈干切唄」体験など地域の伝統文化に触れる活動に取り組んでおり、今回もその一環。

 この日は、地元の甲斐愛光さん(82)、冨眦阿気鵝複牽魁砲講師として来校。甲斐さんがもち米のわらを使い、説明を交えながら手足を器用に使って実演した後、児童が挑戦した。

 校舎脇に敷いたブルーシートの上に座り、わらをねじったり、飾りを付けたりして完成させた。作品は甲斐さんらが「うまいなぁ」「立派にできた」と感心するほどの出来栄えで、児童がそれぞれの自宅に持ち帰った。

 6年の押方みずさん(11)は「難しかったけれどいい感じにできてうれしかった。家の玄関に飾りたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top