【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界農業遺産−新ブランド「五國豊饒」誕生

本紙掲載日:2021-01-20
2面
「山香蔵」と「里の小昼」を手にするツーリズム高千穂郷の藤本代表理事(中央左)と河野知事ら(県庁)

ツーリズム高千穂郷−第1弾商品、知事にPR

 一般社団法人ツーリズム高千穂郷の藤本昭人代表理事(高千穂町副町長)らが6日、県庁に河野知事を訪ね、世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域の新ブランド「五國豊饒(ごこくほうじょう)」の誕生と新商品の発売を報告した。

 同法人はフォレストピア高千穂郷ツーリズム協会を前身として、昨年2月に発足。世界農業遺産に認定された高千穂、日之影、五ケ瀬町、諸塚、椎葉村での民宿利用促進、観光誘客、土産・特産品の開発、販売などに取り組んでいる。

 新ブランドは世界農業遺産の地域認定5周年に合わせ事業化。第1弾商品として、5町村それぞれの特産品を詰め合わせた「山香蔵(やまかぐら)」と「里の小昼(こぶり)」を開発した。

 山香蔵は厳選した諸塚村の原木しいたけ、椎葉村の焼き畑そば、高千穂町の棚田米、日之影町の栗きんとん、五ケ瀬町産の釜炒(い)り茶のセットで、販売価格は税別5千円。生産者の姿と思いを伝える冊子と共に三重の化粧箱に詰めた。

 里の小昼の「小昼」とは、農作業や山仕事の休憩時間に飲むお茶やおやつを指す方言。こちらも高千穂町産のキンカンをドライフルーツにした「月読の実」や日之影町のゆずようかん、五ケ瀬町のかりんとう、椎葉村のそばの実フロランタン(焼き菓子)、椎葉村のしいたけクッキー、ほんのり発酵させた五ケ瀬町の萎凋(いちょう)釜炒り茶をセットにして、同2千円で販売する。

 藤本代表理事は法人スタッフや、商品開発を監修した宮崎市のオーナーシェフらと県庁を訪問。神楽にも用いる地元手作りの麻ひもで飾り付けたり、月と太陽のデザインにするなど、パッケージや商品に込めたこだわりを熱心に語り、「5町村の特産品を一緒にして販売するのは初めてではないか。これを機に高千穂郷・椎葉山地域を知ってもらい、訪れていただければ」と思いを語った。

 里の小昼を試食した河野知事は「みんないい味で、おせちのような豪華さを感じる。おしゃれでクオリティーが高く、国内だけでなく世界に売り出せる商品になったのではないか」と絶賛。同地域で取り組まれている人材教育も評価し、今後のブランド商品づくりにも期待を込めた。

 両商品は5町村の特産品販売所や道の駅、オンラインショップ九州中央堂(https://takachihogo.base.shop)で販売するという。

その他の記事/過去の記事
page-top