【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

あたたかな地域とのつながり

本紙掲載日:2022-04-01
7面

延岡市立一ケ岡小学校が創立50周年

◆第1回卒業生の思い出
「土々呂小から引っ越し、机と椅子を抱え一列に」細山田恵美子さん

 今まで通っていた土々呂小学校から机と椅子を抱えて一ケ岡小学校まで、私たち児童自身で一列になって休憩しながら一生懸命運びました。当時の私は身長が160センチほどあり、それに伴い机と椅子も大きく、運ぶのはとても大変でした。そして、階段を上って私たち6年生の教室がある3階まで運びました。また、学校に追加で新しい机と椅子が届いたら業者が運ぶのではなく、6年生の私たちが各教室に運ぶことも多々ありました。私たちほど机と椅子を運んだ人はいないと思います。

 私は放送部として活動していました。当時は放送室はなく、プレハブ校舎だった職員室の一角に機材を置いて放送していました。

 児童の教室がある3階建ての鉄筋コンクリートの校舎から職員室まで渡り廊下を通る必要があり、渡り廊下の軒はとても高いところにありました。そのため、横殴りの雨が降った時はずぶぬれになりながら渡っていました。この出来事はとても記憶に残っています。

 入学式は1階の長い廊下に新入生を並ばせて行いました。その当時、体育館はなく、すべて同じ広さの教室のみの校舎1棟しかなかったからです。私は在校生代表として祝辞を述べましたが、後ろに並んでいる新入生に私の心から入学を祝う気持ちが伝わったかどうか、とても心配したことがあります。

 児童会の副会長も務めていたので登校したら毎朝、国旗と校旗を揚げる役目を任されていました。雨が降ってきた時は授業中でも先生に許可を取り、傘も差さずに校庭を走って国旗と校旗を下げていました。

 校庭での思い出といえば、地区対抗のソフトボール大会もありました。例えば、北一ケ岡3丁目チームといった住所によって男女混合でチーム分けされ、異なる学年と交流することも多々ありました。

 一ケ岡小は、地域と自然に囲まれていて、とてもすてきな場所にあると思います。卒業生が将来子どもを授かり、その卒業生の子どもが一ケ岡小に通うようになり、みんなが集えるような学校になって、子どもたちにはのびのびと学校生活を送ってほしいです。

 私は日向市の「よのなか先生」として命の授業を行っており、子どもたちと接する機会も多いです。授業の最後には「(相手のことを)見て、聞いて、感じて、考えて、行動するようにしよう」と呼び掛けています。一ケ岡小の児童やこれから入学する子どもたちには、このことを意識できるような子どもたちに育ってほしいです。


◆後輩たちへ−今春の卒業生からメッセージ

「みんな明るく仲良し」松尾優太討気鵝複隠押

 一ケ岡小学校は、いじめがなくて、みんな仲良しの学校です。運動場が広く、昼休みや放課後はほとんど外でサッカーなどをして遊んでいました。

 将来の夢は水泳選手になることです。そのためには体づくりが大事なので、苦手なキノコが給食で出ても残さず食べていました。食育の授業が多かったので、クラス全員、食への感謝の気持ちが強かったと思います。

 後輩にはとにかく、日ごろから大きな声で返事をすることが大事だと伝えてきました。僕らは卒業したけれど、これからもいじめがない明るい一ケ岡小であってほしいです。


「礼儀正しい学校に」永岡柚侑さん(12)

 担任の先生と一緒に、クラスのみんなでオリジナルソングを作って、ミュージックビデオを撮ったことが楽しかったです。

 6年間で頑張ってきたことは、普段から積極的に手を挙げて授業に参加したことです。きれいな字が書けるよう練習もしてきました。

 私は、明るくて素直で仲良しな一ケ岡小学校が大好きです。後輩には下級生のお世話を頑張ってもらい、もっと礼儀正しい、あいさつができる学校にしていってもらいたいです。

その他の記事/過去の記事
page-top