【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

久しぶりの1泊2日−キャンプで絆深める

本紙掲載日:2022-04-27
7面
布団をたたむ練習をする家族
父親に見守られながら木材を切る子ども
協力して夕飯の準備

むかばき青少年自然の家・すまいる家族大集合

 県むかばき青少年自然の家(宮田靖所長)が主催する「すまいる家族大集合機惶し擇縫侫.潺蝓璽ャンプ』」が23、24日、延岡市行縢町の同所であった。県北在住の家族10組が、夕飯作りや創作活動などを通して親子の時間を楽しんだ。

 同事業は、自然体験を通して家族の絆を深める宿泊体験プログラム。2019年度以降は感染症対策で日帰りとなっていたが、参加した家族などから宿泊を望む声が多く上がったため、参加数や居住地を制限して1泊2日の開催に踏み切った。

 初日はまず、出会いの集いで宮田所長が「けがや体調に十分注意し、キャンプを楽しんでください」とあいさつした。続けて、1家族ずつ名前と申し込んだ理由を発表、指導員に布団のたたみ方などを教わり和気あいあいと実践した。

 その後2班に分かれ、夕飯で食べるマスのつかみ取りと翌日の創作活動で使う木材カットに挑戦した。子どもたちは元気に泳ぐマスやのこぎりの扱いに苦戦しつつも、普段できない体験に目を輝かせながら取り組んだ。

 夕飯の時間には、塩焼きにするマスの下処理やかまどを使った飯ごう炊さん、カレー作りを体験。火起こしや調理器具の準備を分担したり、親が子に手を添えて野菜を切ったりして共同作業し、完成した料理をおいしそうに頬張った。

 家族4人で参加した同市古城町の柴田一仁さん(37)佳代さん(38)夫妻は「最近はあまり出歩くことができないので良い思い出になった」。長女の佐和子さん(10)と次女の真由子さん(6)は「ご飯作りが楽しかった。いつも家でできないことがたくさんできたのでまた参加したい」と大満足の様子だった。

 翌日は、この日にカットした木材でキーホルダーを製作。全体を指導した長田一恵さん(41)は「鳥のさえずりや川のせせらぎといった自然の音を感じてほしい。そうした中で家族の時間をゆっくり過ごし、絆を深めてもらえれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top