【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大切にしたい故郷描く

本紙掲載日:2023-11-16
1面
防波堤をキャンバスに故郷の風景などを描く門川町の6年生(15日、同町庵川地区)

防波堤キャンバスに−門川町の3小学校6年生

 門川町内3小学校(門川、草川、五十鈴)の6年生154人は15日、同町庵川地区の防波堤の壁面をキャンバスに、門川湾に浮かぶ無人島・乙島や同町のマスコットキャラクター「かどっぴー」家族など、故郷をイメージした絵を描いた。門川町教育委員会主催。

 「いつまでも大切にしたいわたしたちのふるさとかどがわ」をテーマに1992年から毎年実施されている。

 防波堤は、高さ約1・6メートル、全長約1300メートルあり、今年度はこのうち約150メートルを使用。児童たちは5、6人ずつ28班に分かれて、班ごとに幅約5・25メートルずつ担当した。

 白く塗られた壁面に、それぞれ考えてきた下絵をチョークで描き写し、はけやブラシなどを使ってペンキで色を塗った。

 爽やかな秋空が広がったこの日、児童たちは昼食を挟んで約5時間、各班長を中心に声を掛け合い、仕上げていった。

 五十鈴小2班は、ペンキの垂れ落ちに苦戦しながらも、夕焼けに染まる乙島や門川町の近海で水揚げされる門川金鱧(はも)などを1枚の絵に。班長の中本翔大さん(12)は「門川町の美しい夕焼けを描きたかった」と話した。

 門川小7班は、尾末神社大祭で繰り出される勇壮なだんじり(太鼓台)とその担ぎ手の姿を、壁面いっぱいに力強く描いた。班長の瀧下蓮月さん(12)は「難しかったけど、みんなで頑張った。良い思い出になりそう」と話した。

 また西門川中学校の美術科教員として、この取り組みの立ち上げに携わり、今年4月に教育長に就任した金子文雄さん(64)は約30年ぶりに参加。紙飛行機を飛ばす「かどっぴー」をステンシル版画で描いた。

 完成した壁画は、児童たちが二十歳を迎えた後、再び白く塗り直されて、次代の6年生へ受け渡される。

その他の記事/過去の記事
page-top