【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

10日から十日えびす−今山恵比須神社

本紙掲載日:2020-02-10
2面
威勢の良い掛け声と拍子木、かしわ手で商売繁盛、家内安全などを願った

商売繁盛など祈願−延岡

 九州三大えびすの一つ、「のべおか十日えびす」が10日から、延岡市山下町の今山恵比須神社(伊藤俊郁宮司)で始まった。あすまで。商売繁盛や家内安全を願う縁起物を買い求める人が詰め掛け、神社周辺には露店も並び多くの参拝者でにぎわっている。

 本えびす祭の10日は、年に1度のえびす本像をご開帳する十日えびす大祭開式神事が営まれ、伊藤宮司らが景気回復、諸行繁栄などを祈願。焼納祭火入れ式では、各家庭から持ち込まれた古ささや古神札などが焼納され、無病息災を祈った。

 社務所では、今山八幡宮奉仕会が製作した米俵や小判、真っ赤なたいなど縁起物の飾りの付いた福ささのほか、福かき熊手、招福俵などを販売。購入者の名前と願い事を威勢よく読み上げ「皆さまお手を拝借、いよー!」から始まる掛け声と景気よく打ち鳴らす拍子木、かしわ手の快音が響いた。

 あすの明けえびす祭は、午前11時から。明えびす祭開式神事とえびすさんの「福ダイ」の大振る舞い(大判焼き)がある。午後3時から七笑いエビス福わらい大会、4時から福餅まき、8時から閉式神事がある。

 臨時駐車場は、旧ダイエー跡地と岡富小学校グラウンド。岡富小の利用可能時間は午前9時から午後8時30分まで。

 まちなか循環バスも運行。最寄りのバス停は「高千穂通」か「祇園町」。運賃は中学生以下200円、小学生100円、幼児無料。

その他の記事/過去の記事
page-top