【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

季節のなかで−小さい春見つけた

本紙掲載日:2020-02-26
2面
スイレンの池を泳ぐオタマジャクシ
薄紫色の小さな花を咲かせたイオノプシジウム

池にオタマジャクシ−延岡植物園

 26日の県北地方の最低気温は、高千穂町で平年より12・7度も高い13・4度を観測するなど各地で5月上旬から下旬並みの暖かい朝となった。

 日差しにぬくもりが感じられる中、延岡市天下町の延岡植物園にある池ではカエルの卵が一斉にふ化し、おびただしい数のオタマジャクシがスイレンの葉の下でうごめいている。

 昨年に比べるとやや少ない印象だが、それでも池の至る所で黒い塊をつくっている。

 カエルの種類によっても異なるが、1カ月半ほどすると足が出てしっぽも短くなり、カエルらしい姿になってくるという。

◆イオノプシジウムの花も

 また、園路の斜面下には「イオノプシジウム」が薄紫色の小さな花を咲かせ、訪れる人に春の訪れを告げている。

 ポルトガル原産の一年草で和名は「ヒメムラサキハナナ」。こんもりと茂った葉のつけ根から十字型の花を次々と咲かせる。背丈は5〜10センチほどしかなく、「かわいい」と言いながら携帯電話で写真を撮る人の姿も見られた。

その他の記事/過去の記事
page-top