【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

12月4日から人権週間

本紙掲載日:2020-12-03
2面

特設相談所、県北の市町村で開設

 4日から始まる「人権週間」(10日まで)に合わせ、宮崎地方法務局延岡支局と延岡人権擁護委員協議会は県北すべての市町村で特設相談所を開設する。

 いじめや職場内でのセクハラ、インターネットでの誹謗(ひぼう)中傷など人権問題、夫婦間の問題、相続などについての相談を無料で受ける。事前予約は不要。秘密は固く守られる。

 開設時間は各会場とも午前10時〜午後3時。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、中止する場合もある。問い合わせは同支局(電話延岡33・2179)まで。

 また、法務省人権擁護局と全国人権擁護委員連合会は、全国共通人権相談ダイヤル(電話0570・003・110)、女性の人権ホットライン(電話0570・070・810)、子供の人権110番(電話0120・007・110)を開設。電話をかけると、最寄りの法務局につながる。インターネット人権相談受け付け窓口(https://www.jinken.go.jp/)もある。なお、10日はメンテナンス作業のため、午後3時から7時まで一時停止となる。

 特設相談所の開設場所は次の通り(来年1、2月分含む)。

【延岡市】
4日=北川コミュニティセンター、北浦公民館、北方ふれあい交流センター

【日向市】
8日=中央公民館、美々津公民館、日知屋公民館、社会福祉協議会東郷支所▽1月15日=大王谷コミュニティセンター▽2月3日=細島公民館

【門川町】
4日、2月12日=総合福祉センター

【美郷町】
4日=峰集会センター

【諸塚村】
4日、2月5日=中央公民館

【椎葉村】
4日=高齢者センター

【高千穂町】
4日=町役場4階第1、2会議室

【日之影町】
9日、2月10日=保健センター総合相談室

【五ケ瀬町】
4日=福祉センター

その他の記事/過去の記事
page-top