【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

森の恵みのスープ料理募る

本紙掲載日:2021-03-01
2面
森の恵みのスープ料理コンテストのポスター

諸塚村特産品開発協議会

◆プロ・アマ問わず−14日まで

 諸塚村特産品開発協議会(会長・西川健諸塚村村長)は、「第8回森の恵みのスープ料理コンテスト」の作品を募っている。締め切りは3月14日(必着)。

 募集テーマは、森林管理協議会(FSC、本部・ドイツ)の認証を受けている同村で生産されたシイタケと、特産品を生かした「楽しい森の恵みのスープ料理」。

 応募条件は、\検乾燥、粉末、戻し汁いずれかのシイタケを使用し、同村の認証の森から捕れるしし肉、鹿肉、乾きくらげ、乾たけのこの中から1種類以上を使用■歓擁のレシピとし、材料費が総額2千円以下D翰時間が2時間以内け募作品は未発表かつ他者の知的財産に抵触しないもので、入賞の場合の権利の一切は主催者側に属するケ募は1人1作品δ翰工程のポイントを押さえた写真または動画を、おおむね5枚程度提出できる――の6点をすべて満たすスープまたはシチュー料理。

 プロ・アマなどは問わない。希望者は諸塚村の公式ホームページからダウンロードした応募様式に必要事項を明記し、料理の写真を添えて、持参、郵送もしくは電子メールで応募する。

 審査方法は、書類審査で入選作品3点を選考し、その後の2次審査で最優秀賞の諸塚村長賞(賞状および賞金5万円)、SoupStockTokyo賞(同3万円、SoupStockTokyo商品詰め合わせ)、猟友会諸塚支部長賞(同、シイタケ・ジビエ肉の詰め合わせ)の各賞を決める。入賞者以外には参加賞を贈る。材料の取扱先は、同村特産品販売所「もろっこはうす」(電話諸塚65・0264、ファクス0982・65・0267)。

 同村は「FSC認証の森から生まれる恵みを生かした諸塚村のオリジナルスープを提案してください」と呼び掛けている。問い合わせ、応募先は村産業課の「森の恵みのスープ料理コンテスト」係(〒883―1392東臼杵郡諸塚村大字家代2683、電話諸塚65・1128)。

その他の記事/過去の記事
page-top