【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ありがとう近藤先生」

本紙掲載日:2021-04-28
7面
絵画展を開いている近藤庸矢さん(前列左端)とポン・ヌフ会員の皆さん

ポン・ヌフ絵画展始まる

 延岡市の絵画グループ「ポン・ヌフ」(眇溝麌弉馗后会員11人)の絵画展「ありがとう近藤先生」が、同市中町のアートギャラリーマサコ(チムニー1階)で始まった。5月8日まで(2〜5日は休み)。午前10時〜午後6時。入場無料。

 グループ結成時から33年間にわたって指導してきた画家の近藤庸矢さん(92)=同市南町=が、高齢のため5月中旬、長年暮らしてきた延岡の地を離れることになったため、近藤さんへの感謝を込めて企画された。

 会員と近藤さんの他、元会員2人も出品。油彩、水彩、色鉛筆などの画材で描かれた小作品から50号の大作まで、それぞれの個性が光る約30点が展示されている。

 眇慌馗后複沓院法疇瓜垰哀沈ツ=は12年前、近藤さんの作品に出合い、その色の美しさに驚き「ここで描いてみたい」と入会した。「先生は芸術について、ジャンルを問わず非常に広い見識をお持ちで、先生と芸術について語り合う時間がとても好きでした。『ねばならない』を取り払って自由に描かせてもらったことは私の宝物です」と語る。

 グループは今後、「僕が離れても絵を続けてほしい」との近藤さんの思いに応え、解散せずに会員のみで活動していくという。

 今回の絵画展ポスターに添えられた「太陽のように!いつもやさしく美しく」は、近藤さんが会員たちに贈った言葉。近藤さんは「今は競争の世の中ですが、そうではなく、みんな仲良く、太陽のように優しく美しくあってほしい。そう願っています」と語る。

 眇慌馗垢蓮岼貎涌貎佑慮沈が素直に出ている絵画展です。どんな人が描いたのか、想像しながら鑑賞していただけるとうれしいです」と呼び掛けている。問い合わせはチムニー(電話延岡21・8338)。

【出品者】眇溝麌廖大坪眞佐子、久保ケイ子、石田敏子、片寄未砂子、山本幸子、館山幸雄、岩本壮太郎、藤田紀子、日高美紀、河野美穂、広江友久(賛助出品)、長沼弘三郎(同)

その他の記事/過去の記事
page-top