【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

イチゴ狩り、楽しいな

本紙掲載日:2022-01-15
8面
「いちにのいちご園」で行われた、ひので保育園児のイチゴ狩り体験学習

農園で体験学習−ひので保育園

 ひので保育園(延岡市昭和町、睨榾穃け狡后砲稜長園児12人が12日、同市大貫町の観光いちご園「いちにのいちご園」(節賀誠司代表)でイチゴ狩りの体験学習を行った。

 この日はまず、保育士が園児にイチゴの絵本を読み聞かせた後、節賀代表がイチゴができるまでや、生育に欠かせないミツバチの役割、摘み取り方、おいしい食べ方などを、クイズを交えながら分かりやすく説明した。後半は待ちに待ったイチゴ狩り。園児たちは赤々と実った5品種のイチゴを大事そうに摘み、笑顔で頬張っていた。サプライズで同農園人気のイチゴのソフトクリームが出されると、園児は歓声を上げるなど大喜びだった。

 保育士の田口貴子さんは「コロナ禍で制限の多い中、有意義な食育活動ができた。ビニールハウスに入るのも、実ったイチゴを見るのも初めての子もいていい経験になったのでは。興味を持った子もいるので、(私自身も)イチゴについて勉強したい」。節賀代表は「食や農業に関心を持ってもらえるように、これからも体験学習会の開催などを通してお役に立てれば」と話している。

 同農園は事前予約制を採っており、体験学習会などは貸し切りにするなど新型コロナ対策を講じて営業している。

その他の記事/過去の記事
page-top