【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

おせっ隊が活躍−高校生、大学生ボランティア

本紙掲載日:2022-04-18
1面
明るく元気に動く姿に、来場者が声を掛ける姿も多く見られた

3年ぶり依頼、延岡工が初参加−お大師さん

 お大師さんで、高校生や大学生のボランティア「おせっ隊」が運営を手伝った。若い力の活躍に来場者らから喜ばれた。

 これまでも高校生ボランティアが同祭を手伝ってきたが、2020年は行事を全て中止し、昨年も依頼できなかったため3年ぶり。

 今回は初めて、延岡工業高校の2、3年生が協力。休日の16、17日、2日とも参加する生徒も含め、延べ50人が働いた。15日には九州保健福祉大学から2人が参加した。

 コロナ禍での開催に必要な消毒作業、ウクライナへの緊急募金のほか、竹灯籠の竹の設置、点火、お接待福引、こだいっちゃんのお世話、風船作り、演芸場での誘導など〃お接待〃は多岐にわたったが、持ち場で大人のスタッフに交じって積極的な姿を見せた。

 銅像広場で飲料水の販売などを担当した盒粁鏡気気鵝熊本剣心さん(情報技術科3年)は「臨機応変に動く難しさはあるが、やっていて楽しい。地元でこういう祭りがあって、にぎわっていていいですね」と充実した表情だった。

 野中健雄副住職は「現場で地元の人と接するなどの経験を通して郷土愛にもつながったのではないか。境内に活気が出てありがたかった」と感謝していた。

その他の記事/過去の記事
page-top