【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

25日、医療緊急警報を発令−5月15日めど

本紙掲載日:2022-04-22
1面
対応方針の見直しを公表した県対策協議会

県が新たな対応方針−医療逼迫度合いを重視

◆県内全域赤圏域は継続−行動要請は現行と同じ

 県は21日、医療関係者らと今後の対応を協議する新型コロナ対策協議会を開き、オミクロン株の特性などを踏まえ、医療の逼迫(ひっぱく)度合いをより明確に重視する対応方針の見直しを示した。「感染拡大緊急警報」が終期を迎える25日以降は「医療緊急警報」を発令し、県内全域の「赤(感染急増)圏域」指定は継続する。期間は5月15日をめどとした。

 県民への行動要請は、25日以降も「混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動の自粛」「1卓4人以下で2時間以内の会食」など24日までと同様とした。

 さらに、大型連休を迎えることから「県外から帰ってきた際は早期の検査実施」「来県の際は、ワクチン3回目接種完了または検査での陰性確認を」と呼び掛ける。

 対応方針の見直しは−、ヾ鏡力の極めて強いオミクロン株の影響で新規感染者が急増し、期間が長期化している入院や重症化リスクが低いと言われるオミクロン株の特徴やワクチン接種の進展、経口治療薬の実用化などで医療の逼迫が一定程度抑えられている−―ことが背景。

 このため、「医療の逼迫が生じない水準で感染を受け止めつつ、日常生活と社会経済活動の維持を図る」とした。

 警報区分はこれまで、新規感染者数など関係指標をもとに総合的に判断してきたが、より医療への逼迫状況を重視するように明確化。病床使用率と重症病床使用率のいずれかの15%を基準に「医療警報」▽25%で「医療緊急警報」▽50%で「医療非常事態宣言」とした。

 50%を超える恐れがある場合は感染状況や関係指標を総合的に判断し、まん延防止等重点措置の要請も視野に不要不急の外出・移動の自粛などの行動要請を検討する。

 また、今後新たな変異株の発生などによる感染状況や、国の基本的対処方針の変更などに応じて、対応方針の見直しを行うとしている。

 河野知事は「保健所機能を保ちながら、医療提供態勢の逼迫を防ぎ、全体として感染抑制を図り、ワクチン接種を進める」と述べた。

 22日に市町村長とのウェブ会議、県対策本部会議を開き、午後に正式決定する。

その他の記事/過去の記事
page-top