【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

100日間の大荒行終える

本紙掲載日:2020-02-20
2面
祈祷する吉良副住職(中央)
檀信徒に見守られ、水行を行う7人の僧

本光寺吉良副住職が帰山−日向

 100日間の大荒行を終えて帰山する「大荒行成満帰山奉告式」が16日、日向市財光寺の本光寺(吉田年生住職)であり、吉良貴徳副住職が多くの檀(だん)信徒らに迎えられ、2回目の荒行となる第再行の成満を報告した。

 荒行は、千葉県の日蓮宗大本山・中山法華経寺で昨年11月1日から2月10日までの100日間。1日7回の水行と読経をひたすら繰り返し、食事は朝夕の2回に少量のおかゆと具なしのみそ汁だけ。睡眠時間は2時間ほどで、その過酷さから命を落とした人もおり、日本仏教で最も厳しい修行と言われている。

 この日は、吉良副住職ら7人の荒行僧と檀信徒ら約40人がうちわ太鼓をならし、「南無妙法蓮華経」を唱えながら寺へと帰山。待ち受けた人たちは「お帰りなさい」と温かく出迎えた。帰山するとすぐに7人の荒行僧は水行を行い、お経を唱えながら、勢いよく頭から水をかぶり身を清めた。

 本堂での御祈祷(きとう)の後、帰山奉告式があり、吉田住職があいさつ。「檀家さんや家族らが(副住職が)帰って来るこの日を願い、迎えました。これからも共に日蓮大聖人の教えの下に精進、信仰に励んで参りたい」と述べた。

 吉良副住職は「帰って参りました。ただいま」と元気よくあいさつ。「第初行(2015年2月成満)でもう行かないと思っていたが、息子が産まれ、本光寺の未来を考えて行かせていただいた」とし、「私ができることはつなぐこと。仏さまと檀家さんをつなぐ役目が僧侶であるとも荒行で教わった。本日も皆さんが参拝していただき、気持ちをつないでいただいた。微力ではあるが、少しづつ恩返しして参りたい」と話した。

 また、立春水行祭として厄年の男性など一般の人たちも水をかぶったほか、福豆まきもあり、参拝者は福を招くように夢中で豆を拾っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top