【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

10日は「母の日」今月は「母の月」

本紙掲載日:2020-05-06
2面
例年よりも活気が少なかったカーネーションの競り(6日午前、延岡市東浜砂町)

延岡花市場、カーネーションの競り

◆大切な人に花を

10日の母の日を前に、延岡市東浜砂町の協同組合延岡生花地方卸売市場(岡田明利代表理事)で6日、カーネーションの競りが行われた。今年は競り場に並んだ花や買い受け人の数が例年に比べると少なく、新型コロナウイルスの影響は花市場の活気を奪っていた。業界団体は5月を「母の月」と位置づけており、岡田代表は「生きた花を大切な人に贈る日本の文化をなくさないでほしい」と呼び掛けた。

 6日は鉢植えが中心で、県内産の800鉢が入荷。今年は県境をまたぐ物流を控えている影響で、入荷量は昨年に比べて5割ほどにとどまっているという。買い受け人も例年に比べると少なかったが、競り場では競り人の威勢のいい声が響き、盛んに取引されていた。

 8日には切り花のカーネーションが入荷のピークを迎えるが、昨年の6割程度となる見込み。価格帯も上がっていないため、昨年よりも買い求めやすくなりそうだという。

 生産者や花店などで組織する日本花き振興協議会は、客やスタッフの安全確保、花のコンディションを保つために5月の1カ月を「母の月」とし、月末まで関連商品を販売する。

 市内の花店では7日から家庭への配達が始まり、配達人のマスク着用や、手渡しではなく玄関先に置くなど可能な対策を講じる。岡田代表は「1次産業を大事にする気持ちを忘れないでほしい。母の月にぜひ店頭でカーネーションを買い求めてください」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top