【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

F35B問題・国に意見書提出へ

本紙掲載日:2021-04-14
3面

県議会総務政策常任委

 県議会総務政策常任委員会(野幸士委員長、8人)は12日開き、航空自衛隊新田原基地(新富町)に配置される戦闘機の変更など同基地に関する事項について、国に対し、県や地元自治体に丁寧で速やかな情報提供を強く求める要望書案を提出することを決めた。

 委員会では、短距離での離陸や垂直離着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備先について、政府が航空自衛隊新田原基地(新富町)を一つの有力な候補地として検討していることが、県や地元自治体への情報提供がないまま新聞報道先行で明らかになったことなどを協議。

 県の担当者が経緯や九州防衛局とのやりとりを述べるとともに、国に対し、今後も信頼関係を構築していきたいこと、情報提供に関しては住民説明の時間など一定期間を確保した上で迅速・丁寧に行うことを要望したことなどを説明した。

 委員からは、同基地で部隊再編や新たな戦闘機配備を行う場合については、これまでも県や地元市町村に情報提供するよう求めてきたが、守られない事案が相次いでいるなどの厳しい意見などが出され、意見書提出を全会一致で認めた。

 意見書の提出先は衆・参議院両議長、内閣総理大臣、防衛大臣などを予定している。意見書案は、15日開会の臨時会本会議に委員会発議で提案し、採決を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top